スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録48 別冊図書館戦争 1 図書館戦争シリーズ(5)


別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)
(2011/07/23)
有川 浩

商品詳細を見る


--あらすじ--

晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、キスから先になかなか進めない。あぁ、純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、図書隊員笠原郁の迷える恋はどこへ行く―!?恋する男女のもどかしい距離感、そして、次々と勃発する、複雑な事情を秘めた事件の数々。「図書館革命」後の図書隊の日常を、爽やかに、あまーく描く、恋愛成分全開のシリーズ番外編第1弾。本日も、ベタ甘警報発令中。

--感想--

とにかくあまーいです。ベタ甘警報発令してるだけの事はあります。読んでいてこっちが恥ずかしい。事件なんてどうでもよくなっちゃいますね。付き合ってからの話なので、今までと違ってお互いの気持ちを素直につたえようとしている姿はにやけポイントです。特に堂上の気持ち、心情が描かれているのは素晴らしい。堂上が以外に恋愛モードになっているので結構イメージが変わりました。

個人的にメインは小牧、毬江の最後の短編です。ページ数は短いですが、小牧さん好きにはたまらないです。あまり感情にながされる人ではないですが毬江の事となるとあれですからね。意外な一面というか、普通はあの感情はもっていて当たり前なんですけどね。なぜか小牧さんだと面白いです。
[ 2013/02/17 17:16 ] 読書記録 有川浩 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saturdaynightgirl.blog.fc2.com/tb.php/97-1292da81





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。