スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録45 図書館革命


図書館革命 図書館戦争シリーズ4 (角川文庫)図書館革命 図書館戦争シリーズ4 (角川文庫)
(2011/06/23)
有川 浩

商品詳細を見る


--あらすじ--

原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。動謡する郁。そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだった―「お前はやれる」。表現の自由、そして恋の結末は!?感動の本編最終巻。

--感想--

デートから始まって良化隊との対決、そして逃走と勢いのある最終巻でした。シリーズを振り返るとやっぱり笠原の成長の物語なんだなぁと思います。はじめは王子様に憧れる体力バカだったわけですが、様々な障害を乗り越えて立派な図書隊員となる姿は意志の強さを感じました。今までは何かと堂上を始め、周りの人たちに助けられる場面がありましたが、今回は単独での逃走を見事成功させ、成長の跡を見せてくれます。応援したくなる主人公っていると思うんですけど笠原はまさにそれですね。

ラブコメ部分に関してはこちらはハッピーエンドを迎えて、エピローグではもうそこまでいってるのかと驚かされました。堂上が笠原を下の名前で呼ぶのに違和感を覚えますが、新しい生活を始めている彼らがこれからどう活躍するのか見たいですね。

表現の自由、言論弾圧という重いテーマを扱っていながらそれを重く感じさせない技術は素晴らしいです。別冊が二冊あるのでそちらの読みたいと思います。
[ 2013/01/27 16:25 ] 読書記録 有川浩 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saturdaynightgirl.blog.fc2.com/tb.php/93-6f0ab60e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。