スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録37 θ(シータ)―11番ホームの妖精

θ(シータ)―11番ホームの妖精 (電撃文庫)θ(シータ)―11番ホームの妖精 (電撃文庫)
(2008/04)
籘真 千歳

商品詳細を見る



--あらすじ--

東京駅上空2200mに浮かぶホームには、銀の髪と瑠璃色の瞳を持つ少女と白い狼が住んでいる。彼らは忘れ去られた約束を信じて、今日もその場所で待っている。―high Compress Dimension transport(高密度次元圧縮交通)―通称C.D.「鏡色の門」と鋼鉄の線路により、地球の裏側までわずか数時間で結ばれる時代。春の隠やかな午後、東京駅11番ホームに響き渡る突然のエマージェンシーコールが事件の始まりを告げた…。銀色の髪の少女T・B、野菜嫌いの娘・義経、そしてクールなAI、アリスが繰り広げる、ハードSF&のほほんストーリー。

--感想--

スワロウテイルシリーズが面白かったのでこちらも読んでみました。所々スワロウテイルとの関係が匂わせてあります。よくも悪くも同じ作者だと思わせる作品でした。

TBと揚羽がとても似ています。自分を犠牲にしてしまうところ、口調、キャラクターがそっくりでした。あと前口上というかアリスに出す命令がいちいちかっこいい。国際情勢を描写し、主人公がその動向を握っているというのも似ていると思います。

「ハードSF&のほほんストーリー」とある通り様々な設定が出てきて世界が上手く作られています。設定を読むのが好きな人にはちょうどいいかも知れません。逆に会話はわりと軽く読めます。TBと義経の絡みは特に軽快で面白いです。

あちらのシリーズよりはほのぼの系に向いていそうなので、日常を描いた話が読みたいと思いました。
[ 2012/10/06 20:36 ] 読書記録 藤真千歳 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saturdaynightgirl.blog.fc2.com/tb.php/73-64f442cf





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。