スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録36 The Indifference Engine

読書記録36回目。

The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)
(2012/03/09)
伊藤 計劃

商品詳細を見る



--あらすじ--

ぼくは、ぼく自身の戦争をどう終わらせたらいいのだろう・・・・・・戦争が残した傷跡から回復できないアフリカの少年兵の姿を生々しく描き出した表題作をはじめ、盟友である芥川賞作家・円城塔が書き継ぐことを公表した『屍者の帝国』の冒頭部分、影響を受けた小島秀夫監督にオマージュを捧げた2短篇、そして漫画や、円城塔と合作した「解説」にいたるまで、ゼロ年代最高の作家が短い活動期間に遺したフィクションを集成。

--感想--

短編集ということでその中の二つについて。

一つ目は「The Indifference Engine」。ルワンダ紛争の少年兵の話。Indifference Engineは脳に作用して顔から民族を判断出来なくさせる医学的処置を言う。紛争終了後その処置を施された「ぼく」は自分の民族と敵対民族の区別が出来なくなってしまう。
こうゆう技術があれば素晴らしいと思う。それこそ国境も民族もない世界が出来る。でもそれによって憎しみや殺しあった記憶は消えるわけではない。「必要」があるから憎み戦ったという大人達はかつて敵であった民族を仲間と言い始める。大人に言われるがまま憎み戦うことしか出来なかった子供達は終戦を受け入れられない。この対比がとてもリアルだった。戦争が終わっても一人ひとりの戦争が終わるわけではない。

「戦争は終わっていない。僕自身が戦争なのだ。」

という少年の決意がそれを表している。読み終わって悲しい気持ちになったが、自分の中では一番好きな短編になった。


二つ目は「セカイ、蛮族、ぼく」。少し笑える内容になっていて、こうゆうのももっと読みたいと思った。パンを口にくわえて走ってきた女の子をいきなり犯すという書き出し。なぜかツンデレな学級委員長。下品な笑い方の父さん。息抜きにはぴったりの作品だった。

余談ですが「虐殺器官」、「ハーモニー」と今作は装丁が黒、白、灰色となっていてとてもかっこいいです。並べたくなります。

DSC_0113-1_convert_20120928203851.jpg
[ 2012/09/28 20:54 ] 読書記録 伊藤計劃 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saturdaynightgirl.blog.fc2.com/tb.php/69-e05c018d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。