スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録28 モンスター

読書記録28回目。

モンスター (幻冬舎文庫)モンスター (幻冬舎文庫)
(2012/04/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る


--あらすじ--

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた 未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった。

--感想--

「人間外見でなく内面でしょ」とは言うけど実際どうなのか。

作品を通して主に彼女の人生を辿って行く構成になっている。彼女は醜い顔をしていたために男女問わず酷い扱いを受ける。ここでブスがどれだけ不利なのかを直球で書いているのが面白い。整形したあとの男達の掌返しはしょうもないなと思うけど自分もそっち側だからなんともいえない。この二つの描写の対比があるから説得力がある。人は外見だと。

「生まれながらの美人よりも整形美人の方が努力していて美しい」という整形の先生の言葉は同意しかねるけど完全に否定もできない。そうゆう考え方もあるのかと思う。スポーツでもなんでも天才より努力の凡人の方が好まれるだろう。個人的な意見では整形は悪くはないけど好意的には捉えてないなぁ。コンプレックスを抱えていくよりいいかもしれないがなんか納得いかないところがある。正直そうゆう風潮に流されてるだけかも。

彼女は好きな男性のために整形していくのだけどこれって珍しい。基本的に女性が「可愛くなりたい」「やせたい」って言うのは周りの人たちがそうだからっていうのが大半だろうし。一人の男性のためにというのは本当に素晴らしいと思う。最後に結末は賛否両論あるだろうけど僕はバッドエンドだと思う。
[ 2012/08/31 17:30 ] 読書記録 百田尚樹 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saturdaynightgirl.blog.fc2.com/tb.php/56-c3bf77bf





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。