スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録11 フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life

読書記録11回目。

前回とちょっと間があいてしまった。

フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life (中公文庫)フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life (中公文庫)
(2007/11)
森 博嗣

商品詳細を見る


--感想--

この巻では語り手がクリタに変わった。草薙の部下な訳だけど、ティーチャと草薙、草薙とクリタという対比があるとかないとか(自分の中で)

クリタ自身はキルドレでやっぱり草薙と同じく空を飛ぶことに生きることを見出している。というより草薙と飛ぶことに「生きる」事を見てる。「花束なんていらないからただ飛び続けたい。」本当に純粋すぎる。とてもかっこいい。でも切ない。最後に花束を求めているのは彼の決意の揺らぎなのかと愚推してみる。


所々にクリタの心証、というか森さんの哲学のようなものが入っているけどこれは本当に深い。僕のような浅い人間には頭まで入ってこない。でもキルドレの「生」、「戦う事」に対する捉え方、考え方が表現されている。ずっと生き続けるキルドレは生をどうみているのか。空を求める彼らは戦いをどうみているのか。S&Mシリーズでも犀川が難しいことを思考するけど、こうゆうのがちょこっと入ってくるのが森さんの面白いところだと思う。理解できるようになりたい。


あと一番の驚きは草薙がキルドレから普通の人間に戻った事。これからどうなるだろう。もしかして空を飛べなくなるのか・・・。ティーチャは少しでた(と僕は思ってる)けどまた登場するのか気になりますねぇ。

[ 2012/06/21 23:11 ] 読書記録 森博嗣 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saturdaynightgirl.blog.fc2.com/tb.php/31-27e25be1


まとめtyaiました【読書記録11 フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life】

読書記録11回目。前回とちょっと間があいてしまった。フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life (中公文庫)(2007/11)森 博嗣商品詳細を見る--感想--この巻では語り手がクリタに変わった。草...
[2012/06/22 03:50] URL まとめwoネタ速neo



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。