スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録10 夏のレプリカ

読書記録10回目。

いやー10回に到達してしまった。100回めざすかな。


夏のレプリカ (講談社文庫)夏のレプリカ (講談社文庫)
(2000/11/15)
森 博嗣

商品詳細を見る


--感想--

この作品は「幻惑の死と使途」と同時期に起こった事件を扱っているんだけど、あくまでメインはあちらかなという印象。

読み始めは犀川と萌絵が出ないからこれは全くでないのか?と不安になった。途中から活躍のわけだけどやっぱヒーロー(ヒロイン)は遅れてやってくるものなのか。

今回はなんとなく犯人を予想しつつ読んだんだけど良い意味で裏切られた。目が見えない人が実は見えていた。だから犯人だろ!とかありそうだなと思っていたら、本当はそもそも・・・みたいなのはやられた。最後に萌絵と若干接触があったけどちょっとできすぎかなぁ。良いんだけどご都合主義感を感じてしまったのは自分だけなのか。

犯人の彼女を考えるととても切ない。お嬢様なんだけど実は結構暗い一面があって。特に最後の萌絵とチェスをするシーンは悲しかった。こうゆう犯人ええよね。「金田一少年の事件簿」はすごい重い過去を持った犯人が結構いたけどそうゆうのに近い感はある。

あと忘れちゃいけないのが犀川と萌絵の恋愛面だけど、相変わらずの会話の掛け合い。最終的にどうなるのだろうか。
[ 2012/06/12 19:01 ] 読書記録 森博嗣 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saturdaynightgirl.blog.fc2.com/tb.php/30-f59f9e6c


まとめtyaiました【読書記録10 夏のレプリカ】

読書記録10回目。いやー10回に到達してしまった。100回めざすかな。夏のレプリカ (講談社文庫)(2000/11/15)森 博嗣商品詳細を見る--感想--この作品は「幻惑の死と使途」と同時期に起こった事...
[2012/06/12 21:13] URL まとめwoネタ速neo



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。