スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録69 鍵のない夢を見る


鍵のない夢を見る鍵のない夢を見る
(2012/05/16)
辻村 深月

商品詳細を見る


--感想--

えげつないというか、後味が悪い作品ばかりだった。女性独自の暗い部分が上手く表現されているのだろう。自分には分からないが。特に「芹葉大学の夢と殺人」は納得いかない終わり方。女性ならば少しは共感できるところがあるのだろうか。こうゆう愛の形があると言ってしまえばそれまでではあるが。最近では一番驚いた終わり方だった。
男性目線だと、作中のダメな男達(大林、陽次、雄大)が気になる。作中の女性が心の闇に染まっていく(もしくは染められる)のは彼らが原因といっても過言ではない。女性が追い込まれていく側にはそんな男がいるんですね。そして、タイトルの鍵のない夢を見ていたいのは雄大だと推測しますがどうでしょうか。
[ 2013/06/29 19:24 ] 読書記録 辻村深月 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saturdaynightgirl.blog.fc2.com/tb.php/120-d23a9df6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。