スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録59 月は幽咽のデバイス


月は幽咽のデバイス (講談社文庫)月は幽咽のデバイス (講談社文庫)
(2003/03/14)
森 博嗣

商品詳細を見る


--感想--

今作で一番おもしろいのは人間関係ですね。小鳥遊、森川、香具山の会話と紅子VS七夏を楽しんで読みました。へっ君という天才少年?の素性もわからないし、保呂草にも謎が多いので未だにキャラが掴めないです。保呂草は犀川ポジションなのかと思っていましたが、実際どうなんでしょうか。
次にミステリー面ですがまず見取り図が欲しいですね。あとトリックは予想出来ませんでした。やっぱり自分で見取り図を書くのが正しい楽しみ方みたいですね。
[ 2013/05/24 19:42 ] 読書記録 森博嗣 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saturdaynightgirl.blog.fc2.com/tb.php/110-74624628





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。