読書記録73 黒猫の三角


黒猫の三角 (講談社文庫)黒猫の三角 (講談社文庫)
(2002/07/16)
森 博嗣

商品詳細を見る


--感想--

読む順番が少し前後してしまいましたが、Vシリーズ一作目を読むことができました。今作は犯人を予想するのは非常に難しいと思います。トリックが納得いかない方は多くいるでしょうし、また僕は次作を先に読み先入観があったため、まさかあの人だとは全く考えてませんでした。しかし一作目のインパクトとしては面白いと思います。キャラクタが個性的で覚えやすいですし、宇宙人の話も考えさせられます。同じ座標にいたのに会えなかったというのは認識できなかったという事になります。認識できないというのは何なのか。難しいですね。

それにしても練無の女装は今で言う男の娘ですが、この当時はその属性は存在したのでしょうか。
スポンサーサイト



[ 2013/07/18 19:42 ] 読書記録 森博嗣 | TB(0) | CM(0)

読書記録72 シャドウ


シャドウ (創元推理文庫)シャドウ (創元推理文庫)
(2009/08/20)
道尾 秀介

商品詳細を見る


--感想--

先が読めない展開でどんどん読み進められました。道夫作品ということでどこかでどんでん返しがあるだろうと考えて読んでいたのですがやはり今回も驚かされました。自分は凰介が小学生にしては賢すぎるので何か仕掛けがあるのかと思っていましたが、上手くはいきませんね。伏線は素晴らしいのですが、最後の殺人は本当に必要だったかは疑問です。何かしらの罰は与えるべきだとは思いますが、取ってつけたような印象でした。
[ 2013/07/06 14:35 ] 読書記録 道尾秀介 | TB(0) | CM(0)

読書記録71 火の粉


火の粉 (幻冬舎文庫)火の粉 (幻冬舎文庫)
(2004/08)
雫井 脩介

商品詳細を見る


--感想--

非常に怖い作品でした。犯人が誰かわかっているのに捕まえることができない。そしてより追い込まれていく展開に一気読みしてしまいました。善意でやっている事が相手にとっては負担になっている事ってあると思います。そこまでしなくてもと思っているうちに引き返せなくなって、ついに相手を拒否したら「裏切られた」と襲われる。そうゆう人間の怖さが描かれています。また、女性人が子育て、介護によって追い込まれていく心理描写が上手だと思います。男性陣がこうゆう所に気づかないのが残念でした。
[ 2013/07/05 16:25 ] 読書記録 雫井脩介 | TB(0) | CM(0)

読書記録70 夢・出逢い・魔性


夢・出逢い・魔性 (講談社文庫)夢・出逢い・魔性 (講談社文庫)
(2003/07/15)
森 博嗣

商品詳細を見る


--感想--

練無の活躍回で、彼の特徴である女装を上手く使った作品でした。女装キャラがいるのでいつかはそれが事件の鍵を握るだろうとは思っていたのですが、シリーズ4作目で来ましたね。しかし、正直タイトルのインパクトが強すぎる。「夢・出逢い・魔性」と「夢で逢いましょう」と「You may die in my show」の3つの意味があるので、内容とどう関わっているのかを理解しようとそっちに集中してしまいます。各章のタイトルも意味ありげな構成になっていて、言葉遊びの面白さが理解できると思います。
[ 2013/07/03 17:27 ] 読書記録 森博嗣 | TB(0) | CM(0)