読書記録39 プラチナデータ


プラチナデータ (幻冬舎文庫)プラチナデータ (幻冬舎文庫)
(2012/07/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


--あらすじ--

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者が殺害された。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。果たして神楽は警察の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

--感想--

国民のDNAを管理するという近未来設定。こうゆうありそうでなさそうな微妙なラインを付いた設定は好きです。中盤以降は一気読みできる内容でした。犯人の予想をして読みましたが、当てるのは容易だと思います。また「もう一人の“彼”」とあるように主人公が二重人格なのですが、この設定は正直いるのかなぁと疑問でした。「スズラン」という女性の正体は簡単に予測できますし逃亡劇もありなので、ミステリィですがそれよりもエンターテイメント感が強かったです。

東野作品は始めて読みました。今までたくさんの作品がメディアミックスされていますが、この作品も映画化するみたいです。確かに映画に向いてそうな作品でした。

スポンサーサイト



[ 2012/10/28 18:21 ] 読書記録 東野圭吾 | TB(0) | CM(0)

新世界より4話の話





小説だとここのあたりから一気に面白くなるので説明ばかりでも退屈しないのですが、アニメだともっと動きが欲しくなりますね。逆にアニメでやる事で呪力を使った時に何が起こっているのかが分かるのは良い点だと思います。動きの多い戦闘シーンなんかは文字だけだとどうしても表現に限界がありますし。


次回はおまちかね?の場面があると思われますがどう描写されるのでしょうか。いい所で終わりましたし、続きを知っていてもどう展開するか楽しみです。
[ 2012/10/26 09:47 ] アニメ、ラノベ | TB(0) | CM(0)

新世界より3話の話




話が動き始めました。3話目にしてやっと起承転結の起になったという感じでしょうか。ナイトカヌーの青沼瞬はイケメンすぎですね。

図書館に遭遇してここから世界の真の姿が明かされて面白くなっていきます。4話は説明回になりそうです。
[ 2012/10/20 12:30 ] アニメ、ラノベ | TB(0) | CM(0)

ホーム画面を変えた話

Androidのホーム画面変えました。

20121013-212634.png


といっても背景しか変えてません。でも明るい画像になっただけで雰囲気はかなり変わるものです。

アイコンは相変わらず作る技術はないので文字アイコンでごまかしています。


ちなみに以前はもっとセンスあるホーム画面を作っていました。

20111023-182003.png


こちらはPCのセンスあるデスクトップ画像を探していた時に気に入った物があったのでそれを真似した物です。ようはパクリです。

文字アイコンでごまかすのはこの頃から変わっていません。

そろそろiphone派になる予定なのでAndroidは裏切りたいと思います。
[ 2012/10/14 20:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

読書記録38 骸の爪

骸の爪 (幻冬舎文庫)骸の爪 (幻冬舎文庫)
(2009/09)
道尾 秀介

商品詳細を見る


--あらすじ--

ホラー作家の道尾は、取材のために滋賀県山中にある仏像の工房・瑞祥房を訪ねる。彼がその夜見たものは、口を開けて笑う千手観音と、闇の中で血を流す仏像。しかも翌日には仏師が一人消えていた。道尾は、霊現象探求家の真備、真備の助手・凛の三人で、瑞祥房を再訪し、その謎を探る。工房の誰もが口を閉ざす、二十年前の事件とはいったい。

--感想--

相変わらずいたるところに伏線があって話の展開がとても上手いです。思い込み、思い違いから生まれる事件が悲劇的な方へ進んで行きます。最終的に救われない話なのは評価が分かれそうです。トリックは前作と逆でホラー要素はなかったのでそこは個人的には好みでした。

著者の仏像の知識量には驚かされます。仏像の知識、薀蓄が結構出てくるのですが、それは全て元から知っていたそうです。参考文献はあくまで間違っていないかの確認ということでした。素晴らしい作品を生み出すにはそれだけの知識が必要ということですね。
[ 2012/10/13 19:29 ] 読書記録 道尾秀介 | TB(0) | CM(0)

新世界より2話の話

新世界より2話きました。



搬球トーナメントがありました。これは話の上ではあんまり意味がなく個人的には特に面白くないので、一致団結して戦うのは青春だなぁと温かい目で見るだけです。バケネズミも出てきましたし導入部としては良い感じです。

それより夏季キャンプ以降がメインでここから話が大きく動きます。原作では(自分が読んだ印象では)200ページくらいから面白くなるのですが2話が終わった時点でだいたい150ページくらいまで進んでいます。

面白くなったところで話題になる作品でもないですが毎週の楽しみとして見ていきたいと思います。
[ 2012/10/12 10:45 ] アニメ、ラノベ | TB(0) | CM(1)

読書記録37 θ(シータ)―11番ホームの妖精

θ(シータ)―11番ホームの妖精 (電撃文庫)θ(シータ)―11番ホームの妖精 (電撃文庫)
(2008/04)
籘真 千歳

商品詳細を見る



--あらすじ--

東京駅上空2200mに浮かぶホームには、銀の髪と瑠璃色の瞳を持つ少女と白い狼が住んでいる。彼らは忘れ去られた約束を信じて、今日もその場所で待っている。―high Compress Dimension transport(高密度次元圧縮交通)―通称C.D.「鏡色の門」と鋼鉄の線路により、地球の裏側までわずか数時間で結ばれる時代。春の隠やかな午後、東京駅11番ホームに響き渡る突然のエマージェンシーコールが事件の始まりを告げた…。銀色の髪の少女T・B、野菜嫌いの娘・義経、そしてクールなAI、アリスが繰り広げる、ハードSF&のほほんストーリー。

--感想--

スワロウテイルシリーズが面白かったのでこちらも読んでみました。所々スワロウテイルとの関係が匂わせてあります。よくも悪くも同じ作者だと思わせる作品でした。

TBと揚羽がとても似ています。自分を犠牲にしてしまうところ、口調、キャラクターがそっくりでした。あと前口上というかアリスに出す命令がいちいちかっこいい。国際情勢を描写し、主人公がその動向を握っているというのも似ていると思います。

「ハードSF&のほほんストーリー」とある通り様々な設定が出てきて世界が上手く作られています。設定を読むのが好きな人にはちょうどいいかも知れません。逆に会話はわりと軽く読めます。TBと義経の絡みは特に軽快で面白いです。

あちらのシリーズよりはほのぼの系に向いていそうなので、日常を描いた話が読みたいと思いました。
[ 2012/10/06 20:36 ] 読書記録 藤真千歳 | TB(0) | CM(0)

新世界より放送開始の話

「新世界より」のニコニコ配信がはじまりました。




早速拝見しましたが、おおむね原作どおりといったところです。

時系列が入れ替わっていたり、省略されている所があるので原作未読の方は理解できないところがあると思います。

しかし2クールということで3話くらいまで様子を見ましょう。

多分3,4話で急展開を迎えるのでそこで面白くなる・・・はず。むしろ面白くならなかったら心配です。
[ 2012/10/05 20:35 ] アニメ、ラノベ | TB(0) | CM(0)

読書記録9月まとめ

9月に読んだ本


2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:4293ページ
ナイス数:4ナイス

The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)
読了日:9月28日 著者:伊藤 計劃
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
読了日:9月25日 著者:伊藤 計劃
ビブリア古書堂の事件手帖 (1) (カドカワコミックス・エース)ビブリア古書堂の事件手帖 (1) (カドカワコミックス・エース)
読了日:9月22日 著者:ナカノ
背の眼〈下〉 (幻冬舎文庫)背の眼〈下〉 (幻冬舎文庫)
読了日:9月21日 著者:道尾 秀介
背の眼〈上〉 (幻冬舎文庫)背の眼〈上〉 (幻冬舎文庫)
読了日:9月21日 著者:道尾 秀介
とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)
読了日:9月20日 著者:犬村 小六
ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)
読了日:9月19日 著者:夢野 久作
ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
読了日:9月18日 著者:夢野 久作
有限と微小のパン (講談社文庫)有限と微小のパン (講談社文庫)
読了日:9月17日 著者:森 博嗣
スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫JA)スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:9月9日 著者:籘真 千歳
ラットマン (光文社文庫)ラットマン (光文社文庫)
読了日:9月2日 著者:道尾 秀介

読書メーター



自分的に濃い作品が多いです。こうしてみるとあんまり読んでないですね。何冊読むかはあまり大事ではないですが。
[ 2012/10/01 16:12 ] 読書記録 | TB(0) | CM(0)