スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録51 Gene Mapper


Gene Mapper (ジーン・マッパー)Gene Mapper (ジーン・マッパー)
(2012/07/12)
Fujii Taiyo

商品詳細を見る


--あらすじ--
“生命すら設計できるその日、何を信じて未来の扉を開けばいいのだろう”

農作物の多くがメーカー製の「蒸留作物」に置き換えられつつある2037年。
作物の遺伝子をマークアップし、外観を設計するスタイルシート・デザイナー、林田のもとへ「ジャパニーズ・サラリーマン」を演じる黒川から調査依頼が入った。
カンボジアへ納品したスーパーライス、SR-06に描いたロゴが崩れ始めたというのだ。原因はコーディングのミス?アップデートの失敗?それとも……
原因を探るため、林田は「キタムラ」と名乗る人物に誘われ、2014年に封鎖されたインターネットが生きている街、ホーチミンへ飛ぶ。
フルスクラッチで作物を作れるほどの遺伝子工学、現実と見分けられないほどの拡張現実が当然のものとなった2037年。
たゆまなく前進する科学技術は人類の繁栄を約束するのか?
ハイスピード・ノベル「Gene Mapper」が問う。

--感想--

作物の遺伝子操作が当たり前になった世界が舞台の近未来SF。序盤から難しい用語がたくさん出てきてしかもその説明があまり無いというハイスピードっぷりです。若干置いてけぼり感がありましたが、それでも作りこまれた世界観にひき付けられます。SFをよく読む方だともっと描写について理解できるの思いますし、より魅力を感じられるのではないでしょうか。

全体の長さは中編くらいなので無駄な要素は無く、話の長さだけに限定すれば読みやすいと思います。様々な近未来ガジェットの描写や、若干の謎解き、ミステリー要素があるので映像化に向いてそうな作品です。しかし、先に書いたように、個人的にはもっと説明を書いて欲しいので、次回作があるならば長編を読みたいです。
スポンサーサイト
[ 2013/02/25 13:20 ] 読書記録 Fujii Taiyo | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。