スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録74 とある飛空士への誓約3


とある飛空士への誓約 3 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 3 (ガガガ文庫)
(2013/07/18)
犬村 小六

商品詳細を見る


--感想--

いよいよ彼らに苦難が襲い掛かるという展開でしたが、本当に容赦無いですね。ミオの悲劇のヒロインっぷりが素晴らしいです。ここまで彼女につらい思いをさせる作者は良い意味で鬼なんでしょうね。都合よく助かってしまうのは萎えてしまうわけですから、落とすところまで落とすのは面白いです。ここからもっと落ちるのか、それとも清顕がヒーローと成るのか楽しみです。

気になった点はライナがミオと別れる際に「友情は永遠」と告げていたところですね。彼は誓約は馬鹿らしいと思っているはずなので、その言葉の真意をはかるのは難しいです。皮肉で言ったのか、それとも何か考えがあるのでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2013/08/06 16:44 ] 読書記録 犬村小六 | TB(0) | CM(0)

読書記録50 とある飛空士への誓約 2


とある飛空士への誓約 2 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 2 (ガガガ文庫)
(2013/02/19)
犬村 小六

商品詳細を見る


--あらすじ--

「空は、墓場だ。わたしは、鉄だ」父の教えを胸に刻み、一個の鉄塊となったイリアは、今日も灰色の空へ離陸する。25戦中24勝1敗。撃墜数33機。模擬空戦において驚異の記録を更新中の彼女は、「エリアドールの七人」の中では突出した存在となっていた。それに対して清顕の戦績は、11戦して2勝0敗9引き分け。撃墜数0機。互いに撃墜王の父を持ちながらも、実力の差ばかりを見せつけられ焦る清顕。「なんのために、ぼくは戦場を飛ぶ?」そして、平穏な学園生活の中で懊悩する裏切り者「ハチドリ」が動き出す―。恋と空戦の物語、激動。



--感想--

裏切り者と王位継承者が明らかになります。ネタバレは控えてくださいという作者コメントのため誰かは書きませんが、これに関してはそこまで驚きはなかったです。むしろ最後の展開は全く予想できなかったのでこっちに驚き。まさかあの人があれだとは。まだ二巻でこれだとこれからどれだけ悲劇的な場面が出てくるのか不安と期待が高まります。願わくば七人は誰も死なないで欲しいです。と言っても1巻冒頭で「いなくなってしまった彼女」という意味深な伏線があるので難しいか。

シリアス成分を除くと、彼らが部屋で談笑したり青春を謳歌している場面があるので学園物の一面を見ることができます。特に坂上とイリアの距離が徐々に近づいているのが印象的。模擬戦をとおしてある種一線を超えた関係になっていますし、ミオとの三角関係に発展するのでしょうか。
空戦シーンは相変わらずで描写が綺麗で面白いです。彼らの想いが伝わってるくるし、何より空をどう動いているのかが分かりやすい。これからもこのクオリティを期待します。
[ 2013/02/23 16:43 ] 読書記録 犬村小六 | TB(0) | CM(0)

読書記録33 とある飛空士への誓約 1

読書記録33回目。

とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)
(2012/09/19)
犬村 小六

商品詳細を見る


--あらすじ--

四千もの島嶼が大瀑布を挟んで存在する「多島海」。ハイデラバード連合共同体、セントヴォルト帝国、秋津連邦、三つの大国が覇権を争うこの海を、七人の少年少女の操縦する大型飛空艇が親善飛行していた。いずれもその突出した才を認められた士官候補生たちだったが、「空の一族」の強襲に、名も知れぬ島への不時着を余儀なくされる。脱出のために協力する七人。しかし、そこには裏切り者が潜んでいた――。空戦ファンタジーの金字塔! 「飛空士」新シリーズ、史上空前の規模でついに始動!! 七人の主人公が織りなす、恋と空戦の物語。

--感想--

シリーズ最大規模ということでまずは導入、伏線をばらまくところから始まったという感じ。恋歌が5巻なのでそれ以上はまず確定で、さらに7人の登場人物が一回ずつ表紙に来るとすれば最低で7巻はいきそうですね。この七人の話だけでなく過去作も関係していきそうなので壮大な話になりそう。

内容は上のあらすじにあるので深く触れませんが、シリーズを読んできた身としては相変わらず面白かった。空戦の緊迫感は期待通り。飛空艇側からの戦いということで、役割分担してチームで戦う事は今まで少なかったのでその点ではより楽しめた。坂上とイリアは恋仲になりそうだけど、お互いの父親に因縁があるのでそこがどうなるのか。この二人が良い感じになると幼馴染が報われないというお決まりの展開に。他にも人間関係のしがらみが続々出てくるだろうし次巻以降どうなるのか。

恋歌では主要人物と思われていた仲間から死者が出て驚いたけど、今作は初めから「7人」という事が強調されているのでみんな無事でいく可能性が高い。死者が出たらそれこそ驚愕の展開だね。
[ 2012/09/20 12:51 ] 読書記録 犬村小六 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。