スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書記録17 ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常

読書記録17回目!

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る



--あらすじ--
鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき―。

--感想--

まず栞子さんが巨乳ということに前半で数回触れられていたがこれはなにかの伏線なのか・・・

ともかく内容は一巻と変わらず落ち着いている。かつ読みやすい。

個人的に小菅さんが好きなんだけど、妹思いの一面が見えて良かった。小菅妹の勘違いもかわいらしい。まさか小菅さんと志田さんがそんな関係にはならないよね・・・ならないだろう。これからもレギュラーとしての活躍を期待。

栞子母の洞察力はどれほどだったのだろう?栞子さん以上となるともはや能力といってもいいのではないか。持っている本をみれば持ち主の人となりはわかるらしい。まだ真相は明らかになってないけど気になる。

大輔の過去の話が結構色々あって驚いた。前の彼女とやや良い感じになって栞子さんが機嫌悪くなるという展開かと思いきや、まだそうゆう感情はないみたいで。でも最後に出かける約束してたし、これは次巻であるのだろうか。

3巻はすでに発売しているのでそのうち読もう!
スポンサーサイト
[ 2012/07/04 17:11 ] 読書記録 三上延 | TB(1) | CM(0)

読書記録5 ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち

読書記録五回目

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


三上さんの本は初めて読んだ。

あらすじ
ビブリア古書堂の店主篠川栞子と、あるきっかけで店員となった五浦大輔の二人が本にまつわる謎を解決していく。


--感想--
内容は短編が4つある構成だった。短編が少し苦手なんだけど面白かった。

すごく読みやすくて空き時間に読むのにぴったりな本だと思う。

謎を解決するといっても難解な謎を現場に行って証拠を集めて解決するというのではなかった。殺人事件が起きて…みたいな非日常の話ではくて、例えるなら氷菓(アニメのみ見てる)のように日常の中でおこる謎を解決していくという話だった。

栞子さんの推理は俗に言う安楽椅子探偵といもので、話を聞いただけ限られた情報から真相を解き明かしていく。でも退院したみたいで2巻はどうなっているのか。それにしても恐ろしい洞察力。だけど恋愛には疎いみたいなテンプレキャラでいくのだろう。

一番面白かった話は第二話かな。青春力が高かったし、ちょっと切ないところが良かった。小菅さんは結構気に入ったので準レギュラーくらいのキャラになってくれたらうれしい。もちろん志田さんとの絡みを期待したい。小菅さんと文香さんは年が近いんだしこれからなんかあったらいいね。

面白かった点としては栞子さんと大輔の関係がどう進展するのかとうのもあげられる。まだちょっと距離があるけどこれからどう発展していくのか。

先にも言ったけどとても読みやすかったので普段本を読まない人でも楽しめる作品だなぁと。古本に興味がわくし。

一番印象に残った台詞はこれかもしれない。「無職の人間には昆虫くらいの価値しかない」by大輔の母

働くか…
[ 2012/05/09 19:22 ] 読書記録 三上延 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。